お客様の声 

よしこホームで「木の家」を建てたお客様達の声を、ご紹介いたします。

I様

お住まいの地域:一宮
家族:ご夫婦と小さなお子様1人

夏の終わりの休日。 これから、よしこホーム。で木の家をつくるという市川さんの家を訪ねました。
市川さんの家は、ご夫婦が2人と、小さくて元気な男の子が1人。
フルヤ社長は、男の子を「アニキ」と呼んでいます。

市川さんの家には、貝殻や流木などで作られた、市川さんによる素敵な手作り品があちこち
にありました。
個性の光る、とても楽しい、居心地のいい住まいです。

市川さんの趣味はサーフィン。
海や自然が好きで、一宮にやって来たそうです。

こんにちは。今日はよろしくお願いします!
そこに車が置いてあるけれど・・・サーフィンに?

はい。
今日はお天気が良かったので、昼に行って来ました。


-- さて、家づくりですが、今はどのような段階なのですか?

土地もローンもほとんど決まったところです。
家のプランは、ちょっと前にできました。

諸々の手続きが終わるのを待っているところで、
それが済んだら、大工さんが家を作ります。

この前まで、どんな家にするかなど、社長やよしこさんとたくさん話をしていたんですけど、それがすごく楽しくて。 でも、今は一段落して、顔を合わせる機会が減って、ちょっと寂しいです。 今日はまた喋ることができて、嬉しいです。

僕も寂しいと思っていたところです。 久しぶりにアニキ(市川さんのお子様)を見たら、大きくなってた。。

歩き方がしっかりしてきましたよね!

--「ところで、「家を買おう」と思ったきっかけは?

3年くらい前に「家を買いたい」と思って大手ハウスメーカーに行きましたが、
値段も高くて・・・自分には買えそうもなかったので、そのときはあきらめました。
でも、それから2年くらいして、
子どもが産まれたのと消費税が上がるということで、
もう一度「家を買おう」と思いました。

--「家を買おう」と思って、最初にしたことは?


まずは、あちこちに資料請求しました。 「注文住宅」という雑誌を買ったりして、そこに載っている会社に問い合わせをしたりとか。

-- それから?

それから、モデルハウスとか見学会とか、10社くらい回りました。

-- そんなに!

とにかく、あちこち回りました。
ときどき
「自分はネギを背負ったカモかも・・・」
と思いながら。
あと、実際に買った人の話なんかも聞いて回りました
 

-- どのような家を探していたのですか?

自然素材の、木でできた家が良いと思って探していました。

-- よしこホーム。は、市川さんの希望にピッタリだったのですね。

はい。
最初によしこホーム。に行って、家を見せてもらったとき
「こういう家が欲しい」
と思いました。

-- いざ「家を買おう」と思って行動したわけですが、不安などはありませんでしたか?

いっぱいありましたね。

-- 例えば?

いっぱいあり過ぎて、「これ」というが出て来ないのですが・・・。 「自分に買えるのか」 という不安は常にありました。

-- ところで、よしこホーム。はどうやって見つけたのですか?

注文住宅」という雑誌を見て電話をしたのがきっかけです。
材木問屋が建てる木の家ということで、
「こういう家がいい」
と思って電話しました。
見学の案内も載っていたので。

それで、電話をもらったその日に、家を見てもらったんですよね。
ちょうど、近くにあった加藤さんの家を。

そう。
電話をしたら
「今日、見に来ても大丈夫です」
と言われて。
それで、すぐに家を見に行ったら、木の感じがすごく気持ちよくて、
「こういう家が欲しい」
と思ったんです。  

-- それで、よしこホーム。に決めたのですか?

心の中ではほぼ決まったのですが、
「ここでは目を肥やそう」
と考え直して、別の日に他の会社のモデルハウスや見学会を見に行きました。
でも、やっぱりよしこホーム。が良かったと思ったわけですが。

-- 「家を買いたい」という希望が、「家を買おう」という決心に変わったきっかけはありますか?

よしこさんと社長に相談にのってもらった事がきっかけです。
すごく正直で、良い事ばかりでなくて、良くない事についても説明があって、
適切なアド バイスがありました。
どうやったら家が買えるかという相談もできたので。  

うちはローンとか家計・保険の見直しなどの相談もやっていますからね。

それで、自分も家が買えることが分かって「買おう」と決めました。

-- 家を建てる会社はたくさんありますが、その中からよしこホーム。を選んだ理由は?

やっぱり、よしこさんと社長の人柄ですね。
営業らしいところが全くなかったのも、よかったです。

-- セールストークみたいなものは、なかったのですか?

全然なかったです。

他の会社はちゃんと営業の人がいて、セールスに力を入れてるみたいだけど。 うちは木の家をちゃんと分かったうえで「それでも住みたい」と思った人に住んで欲しいから。

たいてい、モデルハウスに行くとスーツの人が出て来るんですけど、丁寧だけど親しみにくい感じが・・・。

-- スーツの、ビジネスライクな人が出て来るんですね。

そうなんです。
あと、注文住宅のはずなんですけど、こちらから希望を言っても
「それはできません」
と言われることが多くて。

-- よしこホーム。の場合はいかがでしたか?。

すごく親身に相談にのってもらえました。
無理な事を言っても、「出来ない」とは言わずに「こういう理由でやめておいたほうが良い」という説明がありました。
あと、後で社長から電話がかかってきて
「こんな風にしたら、できる!」
と言われたり。

そう。市川さんに言われた事が頭からなかなか離れなくて。
それで、アイディアがひらめいたら、嬉しくてすぐに電話しちゃってました。

他の会社は、そういう事はなかったです。

営業の人はサラリーマンだから、なかなかね・・・。
僕の場合は社長だから自由だし、すぐに意思決定できちゃう。
そこが違うんだよね。

社長に「家の設計が楽しい」って言ってもらえて。
それで、家に対する希望をどんどん言っていいんだと思いました。
希望を言えばその通りというか、それ以上のプランが出て来ました。
他の会社では、書類をたくさん書いたわりには、希望通りにいく事が少なかったです。

-- 家に対する希望は、どのように練り上げていったのですか?

社長と何度も打ち合わせをしながらですね。
最初に、紙に字で希望を書いたり、写真を切り抜いたりしたものを持って行って、そこからスタートしました。

それを見て、僕が大まかなプランを立てました。
始めは本当に大まかなイメージだけで、「北海道」と「足立区」の2つのイメージでプランを出したんだよね。

-- 足立区ですか?

僕の実家は、東京の足立区なんです。

-- なるほど。

その2つを元にして、打ち合わせのたびに希望をどんどん言いました。社長が、それを手で図面にしていく。

-- 希望が、その場で図面になっていったわけですね。

そうなんです。
あと、アイディアが出るたびに、電話で伝えたり。

僕のほうでも、アイディアがひらめくたびに、電話をしていました。

打ち合わせ、本当に楽しかったです。

-- 打ち合わせには、どのくらいの時間を掛けたのですか?

けっこう掛けたように感じていましたけど・・・実際は数回程度?

実際の打ち合わせはそんな程度だったと思います。
電話でのやり取りは何回もあったけど。


-- 市川さんからはご希望がたくさんあったのですよね?
    数回で充分だったのですか?

希望がたくさんあったおかげで、すぐに決まったことも多くて、2~3ヶ月くらいで家のプランができました。
逆に、希望のない人のほうが難しいので、希望はどんどん言ってもらえるほうが良いです。
それを、どうやって実現するかを考える時間が、すごく楽しいの。


希望やアイディアを出すために、他社の家を見に行くようにアドバイスもされました。


競合他社に行けと?!例えば?

社長から、
「代官山にオシャレなモデルハウスがあるから、見に行った方がいい」
と言われて。

-- よしこホーム。はプランニングは無料でしたよね?
    プランニングの途中で、お客様が他社に行く・・・という不安はないのですか?

そのときは仕方がないです。
でも、参考になるものは、ぜひ見て欲しい。
どの道、お客様のためにはなりますから。

いろいろ見ているうちに、
「家づくりをもっと楽しんでもいいんだ!」
ということが分かって、どんどん希望が出て来ました。

-- 家をつくるにあたって、いちばんこだわった点はどこですか?

やっぱり、自然素材。
木をふんだんに使う事です。

-- よしこホーム。は材木問屋ですからね。

手ごろな価格で、良い木を適材適所で使えます。
それがウチの強みでもある。

それと。
希望を出しているうちに、結局、僕は自分の実家が作りたかったということが分かりました。
僕の実家は足立区にあったんですけど、無くなっちゃったんです。
外壁は黒で、中は木という家だったんです。
それを再現したかったんです。

市川さんの家は、近所では「黒い家」で通じる有名な家だったそうで。
だから、この家も外壁が黒いんです。
個性的でカッコイイ家になりますよ!

-- プランの出来栄えはいかがですか?

想像以上の出来栄えです!
ただただ、ありがとうございました。


これから大工さんが実際の形にしていくわけだけど、それを見たら感動するよ。

-- 出来上がった家で、まずは何をしたいですか?


まずは、両親を招待したいです。

-- 黒い外壁と、ふんだんな木。
    ご両親にも、きっと素敵だと感じていただけるでしょうね!

ええ。
今から完成が楽しみです。
・・・それと、ひのきの無垢材の床で、ゴロンとしたいです。


ひのきの床は、手触りも香りも、とても気持ちがいいですから。


居心地が良くて、外に出たくなくなっちゃうお客様、多いんですよ。


完成が本当に楽しみです!

<2014年・春>